• トップ
  • コセンティクス®を使用される患者さんへ
  • 自己注射ガイド
  • 乾癬について
  • 乾癬性関節炎(関節症性乾癬)について
  • 強直性脊椎炎について
  • 医療費助成制度について
  • 患者さんサポート資材

トップ>強直性脊椎炎について>コセンティクス®投与中に注意していただきたいこと 副作用とその対応

コセンティクス®投与中に注意していただきたいこと副作用とその対応

監修:独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター 臨床研究部 免疫異常疾患研究室長 リウマチ科医長
辻 成佳 先生

副作用について

これらの症状に気づいたら、必ず医師または薬剤師にご連絡ください。
その他でも、気になる症状があれば、医師にご相談ください。

予想される主な副作用

予想される主な副作用

特に注意が必要な副作用

特に注意が必要な副作用

副作用がみられた場合の対応

副作用は必ず起こるというものではありませんが、気づいても軽症だとご自身で判断して放置していると、悪化して健康に影響をおよぼすことがあるので、早めに主治医に相談していただくことが大切です。

感染症が疑われる症状

発熱・せき・息苦しさなどの症状に気づいたら、医師または薬剤師にご連絡ください。

アナフィラキシーが疑われる症状10)

「皮膚のかゆみ」、「じんましん」、「声のかすれ」、「くしゃみ」、「のどのかゆみ」、「息苦しさ」、「どうき」、「意識の混濁」などの症状がみられる場合には、緊急に医師または薬剤師に連絡して、すみやかに受診してください。

※「息苦しい」場合は、救急車などを利用して直ちに受診してください。

その他でも、気になる症状があれば、医師にご相談ください。

*アナフィラキシーとは

食べものや薬、虫さされなどで起こるアレルギー反応のことで、さまざまな激しい症状が現れます。

10)厚生労働省:重篤副作用疾患別対応マニュアル(平成22年6月一部改訂)

Page Top

ノバルティス ファーマ株式会社