コセンティクスについて:

投与方法(とうよほうほう)は?

監修: 名古屋市立大学大学院医学研究科
加齢・環境皮膚科学 教授
森田 明理 先生

投与する部位は主治医の指示に従ってください。

投与部位

投与する部位は、毎回変更(へんこう)します。乾癬(かんせん)の症状(しょうじょう)がある部位、傷がある部位、硬(かた)くなっている部位などには投与しないでください。

  • 前回注射した部位から3cm以上離(はな)れた部位に注射してください。

注射の不安や痛みをやわらげるために

注射に対する不安が少なくなるよう、コセンティクスの注射器には次のような工夫がされています。

注射の不安や痛みをやわらげるために

また、注射時のちょっとした工夫で、痛みを軽減することができます。

  • 注射する15~30分前にお薬を冷蔵庫から取り出し、室温に戻(もど)す

  • 投与する部位を冷やしたり温めたりする

  • お風呂上(ふろあが)りの柔(やわ)らかい皮膚(ひふ)に注射する

  • 楽しいことを考えたり、深呼吸したりしてリラックスする