医療費について:

治療中にかかる費用

監修: NTT東日本関東病院 皮膚科部長
五十嵐 敦之 先生

令和2年8月時点の制度に基づいた情報です。

治療にあたっては薬剤費、診察料、検査料などかかるが、
患者さんの負担が大きいのは薬剤費

コセンティクスなどの生物学的製剤で治療を行うとき、薬剤費に加えて病院での診察料、検査料(検査を行った場合のみ)などがかかります。その他に、病院で生物学的製剤を注射したときには注射手技料が、自宅で自己注射する方が医師から自己注射の指導を受けたときには在宅自己注射指導管理料などがかかります。
乾癬患者さんの医療費負担が少しでも軽くなるように、さまざまな医療費助成制度がありますので、ぜひ利用してください。

治療中にかかる費用

なぜ、生物学的製剤の薬剤費は高いの?

生物学的製剤は、最先端の技術(バイオテクノロジー)によって、生物が産生するたんぱく質から作られたお薬です。病気に関連する物質にピンポイントで作用します1)
生物学的製剤は従来の医薬品に比べて、製造工程が複雑で、大規模な設備が必要であることから、値段が高くなっています。薬剤費の高い生物学的製剤ですが、これまでの治療法で満足できる改善がみられない患者さんにも効果が期待できると考えられています。

参考資料

  1. 1)

    長坂憲治ほか:臨床検査. 2011;55(11):1349-1358.