• トップ
  • コセンティクス®を使用される患者さんへ
  • 自己注射ガイド
  • 乾癬について
  • 乾癬性関節炎(関節症性乾癬)について
  • 強直性脊椎炎について
  • 医療費助成制度について
  • 患者さんサポート資材

トップ>自己注射ガイド>Q&A

Q&A

監修:NTT東日本関東病院 皮膚科部長 五十嵐 敦之 先生

よくあるご質問

ペンペンシリンジシリンジ
ペンシリンジ

予定していた日に注射するのを忘れてしまいました。どうしたらよいですか?

A注射予定日から5日以内の場合は、気がついた時点で注射をしてください。6日以上過ぎている場合は、主治医に連絡し指示に従ってください。

予定していた日に注射するのを忘れてしまいました。どうしたらよいですか?

ペンシリンジ

何時ごろ注射するのがよいですか?

A注射する時間に決まりはありませんが、忘れないように、一定の時間(例:入浴した後など)を決めておくとよいでしょう。主治医の指示に従ってください。

ペンシリンジ

体調がすぐれないのですが、予定どおり注射して大丈夫ですか?

Aかぜ症状があったり、体調がすぐれないときは無理に注射せず、主治医にご連絡ください。

ペンシリンジ

注射した部位が痛くなったり、かゆくなったりした場合、どうしたらよいですか?

Aご自身の判断で対処はせず、主治医にご連絡ください。

ペン

注射する前にペンを落としたりしてインディケーターが作動してしまいました。どうしたらよいですか?

Aそのペンは使用せず、新たなペンを準備し慌てずにペンの「注射の準備」から手順に従って注射してください。また、そのことについて主治医に連絡してください。

ペンシリンジ

注射している際に薬液が漏れてしまいました。どうしたらよいですか?

Aどれだけの薬液が漏れたか主治医に連絡し指示に従ってください。

ペン

ペンを注射部位に押し付けても、薬液の注入が始まりません。どうしたらよいですか?

Aペンが正しく押し付けられていないおそれがあります。ペンは注射部位に対して直角に当て、しっかりと押し付けてください。腹部に注射する場合、皮膚が柔らかすぎて針ガードを押し込めない場合があります。必要に応じて、皮膚をつまんで注射部位を固定してください。それでも薬液の注入が始まらない場合は、ペンが破損しているおそれがありますので、主治医に連絡し指示に従ってください。

ペン

注入が早いときと遅いときがあります。問題ないですか?

A問題ありません。黄緑色のインディケーターが下まで完全に下がり動きが止まっていれば、注入は完了しています。普段よりも注入時間が長いと感じられる場合にも、黄緑色のインディケーターが下まで完全に下がり、動きが止まるまでペンを押し当てたままで固定してください。

ペン

注入完了時に「カチッ」という音が聞こえませんでした。問題ないですか?

A「カチッ」という音が聞こえなかったときは、黄緑色のインディケーターの動きで注入完了が確認できます。黄緑色のインディケーターが下まで完全に下がり動きが止まっていれば、注入は完了していますので、問題ありません。

ペン

ペンの薬液注入中、黄緑色のインディケーターが薬液確認窓いっぱいに出る前に、ペンを途中で抜いてしまいました。どうしたらよいですか?

A途中で抜いてしまったペンは再び使用できませんので、廃棄ボックスまたは廃棄バッグへ収納してください。また、規定の投与量がすべて注入されなかったおそれがありますので、主治医に連絡し指示に従ってください。なお、残っている薬液が排出されますので、収納時には取り扱いにご注意ください。

シリンジ

注射する前にシリンジを落としたりして、針が引っ込んでしまいました。どうしたらよいですか?

A針ガードが作動し、針が引っ込んだ可能性やシリンジが破損している場合がありますので、そのシリンジは使用せず、主治医にご連絡ください。主治医と連絡がとれない場合は、新たなシリンジを準備し、慌てずに「注射の準備」から手順に従って注射してください。後日、主治医にご相談ください。

シリンジ

プランジャーヘッドをすべて押しきらずに、薬液が残ってしまいました。どうしたらよいですか?

A皮膚からシリンジを離したとき、残液があった場合は主治医に連絡し指示に従ってください。なお、一度使用したシリンジは使用できませんので、廃棄ボックスまたは廃棄バッグへ収納してください。

ペンシリンジ

注射した日にお風呂に入っても大丈夫ですか?

A注射した日の入浴は可能ですが、注射直後は避けてください。

ペンシリンジ

自己注射をする予定日に旅行や出張が入ってしまいました。どうしたらよいですか?

A旅行や出張の予定日が分かったら、事前に主治医にご相談ください。
また、その他の理由で予定日に注射ができない場合も、あらかじめ主治医に連絡し指示に従ってください。コセンティクスを持ち運ぶ場合は、保冷剤入りのバッグに入れて持ち運んでください。(2~8℃で保管する必要があります)
廃棄ボックスや廃棄バッグはビンや缶などの固い容器(例えばインスタントコーヒーのガラスビン)などを代用してください。

Page Top

ノバルティス ファーマ株式会社